Atelier Le pres 〜sugar craft&happy life〜
Text Size :  A A A
|  home  |  days  |  お教室について  |  シュガークラフト・アートとは  |  シュガーの作品等  |  わたし  |  趣味の旅行  |  リンク  |  メールフォーム  |

●Sayakaさんのウエディングケーキ

2012年2月11日挙式
Img_2fd647a41849b725573176b4a74638f7
・・打ち合わせから完成まで・・

10月中旬         メールにてお問い合わせ
10月24日(月・午前)    お話を伺いつつ、打ち合わせ 
10月27日(木・午前)    1回目レッスン 1コマ  
             (バラ、葉っぱ、小花制作→宿題。ケーキ大きさ、デザイ             ン決定) 
11月22日(火)       2回目レッスン 2コマ 
             (カバーリング、組み立て、絞り等、リボンループ作成)
12月5日(月)        3回目レッスン 2コマ 
             (お花組み立て、フリル・絞り等)
12月21日(水・午前)    4回目レッスン 1コマ
             (1〜3段目までの仕上げ)
1月17日(火・午前)     5回目レッスン 1コマ弱
             (4段目仕上げ、当日の打ち合わせ)
2月4日(土)        完成させたケーキをお引き取り

(注)・・・1コマとは約2,5時間です。
Img_28bfb96e054dae2e1e082d325a9836ed
はじめて年またぎのウエディングとなりました(笑)
Sayakaさんからご連絡をいただいたのは2011年10月中旬。
ちょうどジャパンが終わってすぐの事だったので、シュガーの行事をご存知なのかと
思いました(いや、ただの偶然)
お話を伺っていくうちに、つくりたいイメージがはっきりできていることがわかり
そして、披露宴では自分でつくったケーキでケーキカットをしたくて
一時期シュガーを習っていたことがあるというお話も聞き
これはキチンとご希望に応えられるようにしていかないと・・と
当初、身が引き締まる思いをしたことを思い出します。

そして、分室では初ピラー☆
ピラーで組み立てて、高さのあるケーキにしたいけれども当日
組み立てる人がいない(式場に聞いてもらったところ新婦さん以外ならOKだった)。
けど、そんなことでやりたいことを諦めてしまうのは悲しかったので
事前に搬入してもらったケーキを挙式当日セッティングに行きました。
(わが家で押し掛けた、笑。セッティングして帰ろうかと思ったのですが、思いがけずご本人達とお会いすることができて、これまたいい記念になりました〜。)
あと、下段後ろ側には実際にケーキカットでナイフで切れるようちょっと細工を
しております。こちらも本番ではうまくカットできたようで、ほっ。
新婦さんご本人がつくられたケーキに披露宴ではおー、すごーいと参列された方々から歓声があがったそうです。
宿題だったたくさんのバラも白いケーキに映えてとってもキレイだったし
ドレスとの雰囲気ピッタリでした。

何よりも、イメージ通りのケーキが出来た〜とお話くださったことが
とっても嬉しかったです。
今回はいつも以上にも学ぶところが多く(凹んだこともあったが、爆)思い出深い作品のひとつになりました。

Sayakaさんご結婚おめでとうございます。
末永くお幸せに☆

・・参考・・
使用したダミー  上 直径10センチ×高さ7,5センチ
         中 直径15センチ×高さ7,5センチ
         下 直径23センチ×高さ7,5センチ
           直径30センチ×高さ7,5センチ

使用したドラム  上  6インチ
         中  8インチ
         下  16インチ(直径40センチ)


copyright (c) Atelier lepres All Rights reserved.
Img_71bb308974d831b2cef376bdcadec7b2

●Ayakoさんのウエディング(ドール・お菓子のいえ)

2011年3月20日挙式
Img_6e8fcb4e7630658cf20de02b0e351ea7
・・打ち合わせから完成まで・・

1月下旬         メールにてお問い合わせ
2月2日(水・午前)     お話を伺いつつ、打ち合わせ (大きさ、デザイン決定)
2月9日(水)        1回目レッスン 2コマ  
             (新郎さん制作、お菓子のパーツ各種、プレート型抜き) 
2月23日(水)       2回目レッスン 2コマ 
             (新婦さん制作、土台カバー&ドール完成、お菓子の家の壁             をはる)
3月11日(金)       3回目レッスン 2コマ 
             (ドラムカバー、お菓子の家の屋根をはる、ワンちゃん、プ             レート作り、仕上げデコレーション)
3月15日(火・午後)    お引き取り

(注)・・・1コマとは約2,5時間です。
Img_7c4359758325f27c9b0ec1a05456fcbb
Ayakoさんは当教室にてシュガーを始め
入門科を終えられた生徒さんです。
昨年の4月だったかな?ご結婚が決まったというお話を聞いたのは。
(まあそうだろうな、とは思っていましたがわたしからは聞けなかった。笑)
来年の春頃にお式をあげるのでその頃にまた
シュガーで何かつくりたいですーと仰っていたことを嬉しく思っていましたが
本当にご連絡をいただき、制作のお手伝いができたことは
とっても嬉しかったし有り難く感じていました。

メールでの打ち合わせ時点から
恵比寿本校の東シュガブログより (Click!) 
こういう感じのものをつくりたい☆という考えをすでにお持ちでしたので
イメージと大きさを考えながらもデザインは順調にきまり
あとは作りながら臨機応変で・・ということになりました。
(このへんは経験者ならではの考えなのかも)
Ayakoさんはバティシィエさんなので手先も器用で早いっ。
さくさくっと制作も進んでいきました。

3月に入り、体調を崩されたAyakoさん。レッスン日が減ってしまい
大量生産パーツや見えにくいところなどは事前にお手伝いさせていただき
迎えたレッスン最終日午後に例の地震!
先も見えてあとは仕上げだねぇなんて時だった気がするのですが
詳しい事はあんまり覚えていなくて・・とりあえずはもうレッスンどころでは
なかったので、残りの作業はわたしが引き継ぐことに。
(個人的には余震続く中、家でひとり家族を待つときに作業することができて
気が紛れていた気がします・・ドラムふちのマーブルチョコはそんな気持ちで
並べたものです)
・・・すみません、本題からそれました。
いつもどのレッスンでも心を込めているし、思い入れもそれぞれありますけど
今回はまた感慨深いものになりました。

Ayakoさん、ご結婚おめでとうございます。
末永くお幸せに☆
・・参考・・
使用したダミー <ドール>    直径10センチ×高さ2センチ
        <お菓子のいえ> 底辺18センチ、高さ20センチ・・特注

使用したドラム <お菓子のいえ> 直径30センチ
完成後の大きさ <ドール>    15×16センチのケースに収まります
        <お菓子のいえ> 34×30センチのケースに収まります

材料の調達やその他アドバイスなど
東京シュガーアートの先生方にご相談させていただきました。
ありがとうございました。

copyright (c) Atelier lepres All Rights reserved.

追記・・レッスン費用でいただいた一部を義援金として
日本赤十字社を通じて寄付させていただきました。(3/28)

Img_36eeb746c4947009064f2d1fc18d098c
Img_6bf8d2ed478f1c71ffd89a5675139023

●Akiさんのウェディングケーキ

2010年12月12日 挙式
Img_ee0a715ce2310e0a344b43288306c2f4
・・打ち合わせから完成まで・・

9月下旬        メールにてお問い合わせ
10月1日(金・夜)    お話を伺いつつ、打ち合わせ (大きさ、デザイン決定)
10月23日(土・午後)  1回目レッスン 1コマ  
            (最終デザイン決定・ペースト色決め・クマ作り・小花、巻            きバラなど)
11月1日(日・午後)   2回目レッスン 1コマ 
            (3段ケーキ、ドラムカバーリング・組み立て・しるしつ             け・小花貼付けなど)
11月3日(水祝・午前)  3回目レッスン 1コマ
            (フリル付きのリボン・・サイド、トップ・バラの花と葉っ            ぱなど)
11月7日(日・午前)   4回目レッスン 1コマ
            (トップ、バラ、ベル、クマ飾り付け・お名前と日付けの貼            り付け・全体アレンジ仕上げ)
11月28日(日・夜)   完成させたケーキをお引き取り

(注)・・・1コマとは約2,5時間です。

Akiさんは都内にお住まいで、お勤めも都内なのですが
夏頃?に新居となる家へお引っ越しされました。埼玉県へようこそ〜(笑)
そのお宅から休日にシュガーに行くならと探していただいたのが当教室。
こういうお話を聞くと、交通の便もイマイチなわが家でも
近いからと通っていただける方がいらっしゃるんだわ〜と嬉しく思います。

こういう感じのケーキが作ってみたい、という考えをすでにお持ちでしたので
それを参考に打ち合わせで東シュガの本*をお見せしたところ
その中のフリルのウエディングケーキを気に入っていただき
大まかなデザイン・大きさは本の通りにしましょう、ということになりました。
なのでその後のレッスン自体とてもスムーズに進んでいきました。

1〜3回目のレッスンではお教えした作業を進めつつ
アレンジのことを少しづつ考えていました。
そのため最後のレッスンでのアレンジは、Akiさん・Mitsuruさんの感性が
冴え渡っていました。(最終日はわたし、アシスタントに徹する・・笑)
一段目のベルはお二人がお持ちしてきたもので、前日パーツを探しにいったそう。
前のレッスンでベルをシュガーで作ってみたのですが、ちょっと合わなかったし
既製のもののほうがすごく軽かったのでちょうど良かったです。
あと、トップのリボンの飾り方や、バラの配置、お名前の見せ方も
お二人のアイデアによるものです。
Akiさんが、シュガー経験者(過去に体験程度だそう)とはいえ
お二人とも数回のレッスンでシュガーの特性も熟知されて
好きなように制作していただけたことは、とっても嬉しいことでした。
かえってわたしのほうが、そうですねー、なるほどー、と感心するばかり。

そうそう、この度はカップルでのレッスンをお受けしました。
これはお二人の仲の良さに勝るものはありませんねー。
マスコットのクマさんはお互いのクマさんを作り合ったり、ちょっとした迷いも
相談しながら決める事ができたり・・見ていてとっても微笑ましかったです。
(男性がシュガー、やってもいいよって言ってくれる方って元々すごく器用だと思う)

Akiさん、Mitsuruさんご結婚おめでとうございます。
末永くお幸せに☆



・・参考・・
参考文献      シュガーアートでつくる私のウェディングケーキ
          著者東京シュガーアート( (Click!) )
使用したダミー   直径10センチ×高さ7センチ
          直径15センチ×高さ8センチ
          直径20センチ×高さ9センチ
使用したドラム   直径30センチ
完成後の大きさ   34×40センチのケースに収まります

材料の調達やその他アドバイスなど
東京シュガーアートの先生方にご相談させていただきました。
ありがとうございました。

copyright (c) Atelier lepres All Rights reserved.
Img_444b2594fd037daeebdf4c328562c038